*

慰謝料以外にもらえる交通事故のお金まとめ

公開日: : 最終更新日:2014/12/03 自動車保険金請求のしくみ

large_61056391
保険金は、加害者の自動車保険からしかもらえない?

交通事故の被害者には、加害者の自賠責保険と、任意保険から保険金(慰謝料/損害賠償金/示談金)がもらえることは、皆さんご存知だと思います。

あまり知られていないのですが、加害者の自動車保険以外にも、被害者がもらえる保険金があります。

交通事故の被害者は、肉体的にも精神的にも苦痛があるとおもいます。もらえる補償は、漏れなく、すべてもらうようチェックしましょう。

生命保険や医療保険からも保険金がもらえる?

あなたがもし、生命保険や医療保険や共済に加入しているのであれば、自分が加入している生命保険会社に

「交通事故にあったのですが、もらえる保険金はありますか?」

と問い合わせみましょう。

もしも、加入している保険の補償が該当すれば、加害者からの賠償金や、自分の自動車保険と関係なく、生命保険や医療保険からも保険金を受け取れます。

自分の自動車保険からも保険金がもらえる?

あなたがもし、任意保険に入っていたら保険プランを確認してみましょう。あなたの保険プランに

  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車傷害保険

という保険が入っていれば、あなたの自動車保険からも保険金がもらえます。各保険が支払われるケースをご説明していきましょう。

人身傷害補償保険の特徴

  • 車に乗っていない時(歩行中など)の事故でももらえる
  • 過失の有無にかかわらずもらえる
  • 示談成立していなくてももらえる
  • 実際にかかった損害(治療費/休業補償/慰謝料など)を全額補償
    ※契約した保険金額の範囲内
  • 相手がいない単独事故でももらえる
  • 被保険者だけでなく家族(配偶者/同居の親族)も補償

ただし、被保険者が重大な過失や、無免許運転/酒気帯び運転をしていた場合は支払われません。

搭乗者傷害保険の特徴

  • 契約車に乗った人が自動車事故で死傷したらもらえる
  • 契約で定められた金額が支払われる(定額)
  • 運転者だけでなく、同乗者ももらえる

ただし、被保険者の故意の事故や、無免許運転/酒気帯び運転をしていた場合は支払われません。さらに無断で車を借りた時に起きた事故の場合も支払われません。詳しくは、あなたの入っている任意保険会社に確認してみてください。

高額医療制度で医療費が戻ってくる?

健康保険(国民健康保険も含む)には、同一の月に支払った医療費が、一定の限度額を超えた場合、超えた分の金額が支給される高額医療制度というものがあります。

交通事故によるケガの治療費がかさんで大変な場合に役に立つ制度です。年齢や所得によって自己負担限度額の計算式が違います。

例えば、70歳未満で所得区分が上位所得者や、低所得者に該当しない、一般の人の場合は以下の限度額になります。

[80,100円+(医療費-267,000円)✕0.01=自己負担限度額]

例えば、入院治療をして医療費が100万円かかったとします。健康保険の自己負担は3割ですから、病院に支払う医療費は30万円です。自己負担した30万円から、上の自己負担限度額を引いた額が戻ってくる額になります。では計算してみましょう。

[80,100円+(300,000円-267,000円)✕0.01=87,430円]

自己負担限度額は87,430円です。
しかし実際支払った医療費は30万円ですから

[300,000円-87,430円=212,570円]

212,570円が戻ってくることになります。ただし、所得の多い人や少ない人は、別の計算式になります。また、世帯で合算して計算できる場合などもあります。

さらに、医療機関や期間などについて決まりがありますので、詳しくは、【全国健康保険協会の都道府県支部】や、【健康保険組合】にお問い合わせください。

1ヶ月あたりの医療費の自己負担限度額(70歳未満の場合)

【表2-3】解決マニュアル123P
※同じ世帯で1年間に3回以上高額医療費の支給を受けている場合は<>内の金額になる。

1ヶ月あたりの医療費の自己負担限度額(70歳~74歳の場合)

【表2-4】解決マニュアル123P
※同じ世帯で1年間に3回以上高額医療費の支給を受けている場合は<>内の金額になる。
※一般区分の自己負担限度額は、平成26年3月31日までは外来:12,000円 外来入院:44,400円。

関連記事

自賠責保険(強制保険)と任意保険の違い

自動車保険には自賠責保険(強制保険)と任意保険があります。 「自賠責保険ってどんな保険

記事を読む

仮渡金請求で治療中でも慰謝料を先取り

「示談が長引いて生活に困っている」 「加害者が過失を認めない」 「加害者が任意保険に入ってい

記事を読む

被害者請求と事前認定(任意一括)の違い

→後遺障害認定 →異議申立て →後遺障害等級 慰謝料を先取りしたい 任意保険会社が信

記事を読む

職業別の逸失利益計算方法

「逸失利益とは、なんですか?」 「専業主婦の逸失利益もらえるの?

休業損害どこまでもらえる?職業別に解説

「休業損害の計算方法がわからない」 「専業主婦でも休業損害もらえ

治療費はどこまで請求できる?

「治療費を打ち切られて困っている」 「治療に健康保険や労災を使う

損害賠償金(慰謝料/示談金)の中身と内訳

「保険会社から示談金の提示があったが、よくわからない。」 そ

被害者請求と事前認定(任意一括)の違い

→後遺障害認定 →異議申立て →後遺障害等級 慰謝料を先

→もっと見る

PAGE TOP ↑